猫のカリスマカウンセラーが知識、テクニックを惜しみなく伝授する熱い一冊【ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方】

 

ルーニー
今回は【ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方】を紹介するよ


ポポ
あ、この人、テレビでみたことある!

 

猫は自由気ままで、そこに魅力がある動物ですが、ヒトとの共同生活では想像もしていなかったような問題が発生することがあります。

今や飼育頭数は犬をも凌ぐといわれている猫ですが、まだまだ専門家は少なく、飼育についてのトラブルを気軽に相談するのは難しいのが現状ではないでしょうか。

 

猫の問題、一体どこに相談しよう・・・

 

そう悩んだときに手に取ってみていただきたいのが、今回ご紹介する【ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方】です。

 

猫との生活でお悩みを抱えている方はもちろん、より猫との生活を良くしたいと考えている方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 猫の問題行動をなおしたい
  • 我が家の猫を幸せにしてあげたい
  • ジャクソン・ギャラクシー氏のファン!

テレビでも有名なカリスマカウンセラー

著者は、動物をテーマにしたテレビ専門チャンネル『アニマルプラネット』をご覧の方ならばおなじみ、ジャクソン・ギャラクシーさん。

動物保護施設や家庭を訪問し、問題行動のある猫のカウンセリングやしつけを行う猫の行動専門家として有名な方です。

神業ともいうべきカウンセリングやアドバイスはもちろん、迫力のある風貌とは裏腹に、ときには涙を見せるような情の深さがとても魅力のある人物なのです。

紆余曲折のある人生を送ってきた方のようですが、猫たちがよりよく生きられるようにと30年近くも尽力されているとのことで、頭が下がります。

 

私は読んだことがありませんが、彼が現在の立場に至るまでの半生を綴った本もあるので、興味を持たれた方はこちらも読んでみるといいかもしれません。


 

 

Mojoで世界を満たせ!

正直に言います。

本の序章である「はじめに モジョって、何?」を読んだとき、私はあまりの意味の分からなさに、この先本を読み進められるのか自信がなくなりました。

 

突然出てくる、モジョという単語。

「トニーのモジョは効いている」って何??

 

もしかしたら世代、お国柄の違いというのもあるのかもしれませんが、とにかく私にとっては出だしが難解で、パタンと本を閉じそうになりました。

 

しかし、この意味不明な「モジョ」がまさにこの本のテーマ。

それもそのはず。原題は『Total Cat Mojo: The Ultimate Guide to Life with Your Cat 』!

モジョがすべてのなのです。

 

トニーのモジョは残念ながらピンとこない私でしたが、コラム「ジャクソンの猫辞典」に「キャット・モジョとは?」というコーナーがあり、それを読んだらなるほど納得。

 

「最初からこう言ってくれればいいのに~」というツッコミはさて置いといて、引用しておきます。

 

Cat Mo・jo

猫が、自分のものだと確信できる環境の中でくつろぎ、狩りをして、獲物を仕留めて、食べて、毛づくろいをして、眠るという自然の本能に触れているときに示す自信。

ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方 ジャクソンの猫辞典「キャット・モジョとは?」

 

問題行動のある猫はモジョが満たされていない状態にあり、それを手を変え品を変えてアプローチすることで猫に自信を持たせ、問題を解決しようというのがジャクソン流しつけ。

 

読み終わるころには自然とモジョという言葉を使いたくなってしまうくらい、モジョという不思議なキーワードの魅力・大切さにはまってしまうこと請け合いです。

猫の歴史から問題行動解決テクニックまで

本を読む速度は速いほうなのですが、【ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方】は読むのに1か月ほどかかりました。

他の本も同時並行で何冊も読んでいるとはいえ、一冊にこれほど時間がかかるのは珍しいです。

というのも、この本、一言でいうと内容が濃いのです。

 

4つのPartに大きく分かれ、全部で21章のテーマから構成されています。

内容は以下の通りです。

 

Part1 愛猫たちのルーツと歴史

第1章 ワイルド・キャットとは?

第2章 室内飼いへの大変化

 

Part2 なるほどなっとく猫知識

第3章 ワイルド・キャットのリズム

第4章 猫の暗号を解読する

第5章 猫のタイプと自信が持てる場所

 

Part3 ジャクソン流・猫を幸せにする飼い方

第6章 道具箱へようこそ

第7章 ワイルド・キャットのための基本ツールを覚えよう

第8章 猫のための部屋づくりと縄張り

第9章 猫を育てる技術

第10章 猫とほかの動物との関係

第11章 猫と人間との関係ー絆を築くー

第12章 誰のための挑戦ラインか?

 

Part4 あなたの悩みに答えます

第13章 爪とぎ問題を解決せよ

第14章 猫たちの折り合いが悪い場合

第15章 人を噛んだり引っ搔いたりする場合

第16章 注意を引こうと問題行動をする場合

第17章 不安による問題行動を防ぐには

第18章 野良猫がトラブルを引き起こす!

第19章 愛猫が内弁慶すぎる

第20章 トイレの大問題に立ち向かおう

第21章 モジョってこういうこと

ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方

 

私の場合、日本人の獣医師が書いたような本であればサクサクッと読んでしまうのですが、ジャクソン氏の本はそうはさせてくれませんでした。

 

かわいい猫のイラストが随所に挿入されていますが、それ以外は文字、文字、文字。

日本のしつけの本にあるようなグッズやしつけの仕方のデモンストレーション写真などはありません。

とにかくジャクソン氏が300ページにわたり語りまくります。

 

猫という生き物のルーツに始まり、猫の習性などの猫という生き物に関する知識、部屋づくり、ヒトやほかの動物との関係性の作り方、各種問題行動の解決まで、内容はぎっしり。

 

病気や予防のような獣医療についてはほぼ出てきませんが、それ以外のことは不足しているのはないのではないかと思うくらい様々なテーマについて解説しています。

 

とにかくジャクソン氏が語り続けるので、要点だけを押さえてサクッと内容を知りたいという方向けではなく、じっくりと読みたい、取り組んでいきたいという方向けの本ですね。

 

どのページも魅力のある内容ですが、もし緊急で困っている問題がないのであれば、最初のページからゆっくりと読み進めていくといいでしょう。

 

そのほうがジャクソン氏オリジナルの用語や概念(例:モヒート猫、ナポレオン猫、内弁慶猫などの猫の分類)を学びながら、猫のモジョについて理解が深まると思います。

まとめ

【ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方】は、ジャクソン氏の30年にも及ぶキャリアの中で得られた知識、テクニックを惜しみなく伝授する熱い一冊です。
ご本人も書いているように、この一冊で問題が解決しない場合もあるでしょう。
しかし、この本を読むことで、謙虚に愛情持って猫とその問題に向き合うことの大切さを感じることができると思います。
猫との生活に悩んでいる人も、猫についてもっと知りたい人はぜひじっくりとジャクソン氏と対話しながら猫と向き合ってみてはいかがでしょうか。

ポポ
わたしはいつだってモジョでいっぱいよ♪


おすすめのコラム