猫との暮らしを描いた心にやさしいエッセイ【猫は、うれしかったことしか覚えていない】

ルーニー
今回は【猫は、うれしかったことしか覚えていない】を紹介するよ


ポポ
ステキなイラストね!
インパクトのあるタイトル。
そしてカラフルで個性的な猫だらけの表紙。

今回は、愛猫家の心にしみる、猫との日常を描いたエッセイ集、【猫は、うれしかったことしか覚えていない】をご紹介します。

こんな方におすすめ
  • 猫が出てくる話が好き
  • 猫との日常を大切にしたいと思っている
  • ミロコマチコさんの絵のファン!

著者の石黒由紀子さんは、エッセイスト。

日々の暮らしや犬猫のことを中心に執筆されています。

猫にまつわる59のショートストーリー

【猫は、うれしかったことしか覚えていない】は、石黒さんの家に暮らす猫を中心に描かれるエッセイです。

猫の名前は、コウハイ。

長毛雑種の男のコで、6歳。

不思議な名前なのですが、石黒さんちにはセンパイという名の柴犬が先住でいたため、その後輩として名前がついたようです。

ネーミングセンスが秀逸すぎて尊敬します。

 

「猫は、」というタイトルで始まる、59のショートストーリーは、どれも猫と暮らしている人なら共感できる話ばかりです。

ハッとさせられたり、「うん、うん、わかる」と納得してみたり、「そうだなぁ」と考えさせられたり。

猫の日常をよく観察し、ユーモアと豊かな表現力で魅力的に綴った文章はついつい惹きこまれてしまいます。

 

どの話も含蓄に富んでいるのですが、押しつけがましくなく、ふわりと軽やか。

リラックスしたいとき、眠る前の一時に丁度いいお話がいっぱいです。

猫から学ぶ人間の在り方

冒頭の「はじめに」で、石黒さんはこのように書かれています。

 「うちの猫がね・・・・・・」、コウハイと暮らす前は、愛猫家たちの話も少し退屈でした。

しかし、今では、どの話もしみじみと沁みるのです。

単純で、どこも大差なく見える猫と人との生活も、それぞれに個性があり、決まりごとがあり、抱える問題もあり。

丸い背中で意志を示し、行動で語る猫たち・・・・・・。

話を聞きながら、私は思い込みを手放すヒントをたくさんもらいました。

猫は、うれしかったことしか覚えていない
私自身も猫と暮らすようになってから、猫から学べることはたくさんあるものだと日々感じています。
「好きなものは好き」と全身であらわす姿。
「わたしが一番可愛いのは当然」という自信満々の顔。
猫って、本当に自信にあふれた魅力的な動物だと思います。
以前はまるっきりの犬派だったため、猫好きさんが熱狂的に猫について語る理由が理解できなかったのですが、今ならその気持ちもよくわかります。

 

 

【猫は、うれしかったことしか覚えていない】では、石黒さんが猫たちとの暮らしを通して気づいた心の在り方、生き方などの気づきが綴られています。

 

話を読みながら、自分の家の猫との生活を振り返ってみたり、そこから学ぶことができるのではないかと考えてみたりするきっかけになるのではないでしょうか。

ミロコマチコさんの絵がいっぱい

何といってもこの本でインパクトを与えているのは、ミロコマチコさんが描く猫たちの絵。

表紙のカラフルな猫たちはどのコも躍動感にあふれ、活き活き。

ありえない色や姿をしているのに、それでもきちんと猫だとわかるのだからスゴイです。

 

本のなかにもたくさんの猫たちの挿絵があるのですが、ほっこり、くすっと笑えるものばかり。

「猫がお好きなんだろうな」とわかる絵に和みます。

 

ダイナミックで生命の勢いが感じられるミロコマチコさんの絵を見ていると、童心に戻り、思いっきり絵を楽しんでみたい気持ちになってきました。

まとめ

【猫は、うれしかったことしか覚えていない】、いかがだったでしょうか?

【猫は、うれしかったことしか覚えていない】は、猫との毎日がさらに愛おしくなる本です。

ゆっくりと味わいながら、楽しんでみませんか?


おすすめのコラム