一生懸命家事に取り組んで少しお疲れ気味の人におススメしたい一冊【主婦力ゼロからのやってみた家事】

ルーニー
今回は【主婦力ゼロからのやってみた家事】を紹介するよ


ポポ
主婦力ゼロ!
親近感、湧くわ~
家事は好きですか?
私は嫌いです。できれば、楽してスルーしたい。
しかし、人間4人+猫2匹がひしめいて暮らしているからには、現実的にはやらねばならぬ。
という訳で、どうせやるなら少しでも楽しく、少しでも負担なく。
それが最近の私のモットーであります。
いかに楽して家事をするかを模索するなかで目に留まったのが、今回ご紹介する【主婦力ゼロからのやってみた家事】です。
こんな方におすすめ
  • 流行した家事テクニックについて何となく学んでみたい
  • 子育てをしながらの家事のコツを知りたい
  • 家事は面倒くさいけど、できれば楽しんでみたいと思っている

著者は人気インスタグラマーのマルサイさん

著者はインスタグラマー、イラストレイターのマルサイさん。

インスタでは、3人の男の子を育てながらの生活について発信しており、人気となっています。



子育てについて書いた本も人気のようですね。

特徴① 実際に試した結果、本当に続けられる家事を紹介

家事は生きている限り終わりがないもの。

それ故か、いつの時代も家事は主婦(主夫)を悩ませ、それを解決すべく、新たな家事テクが生み出され、ブームになり、やがて消えていきます。

マルサイさんはご結婚されるまであまり家事をする機会がなかったそうで、妊娠を気に家事に目覚め、そこから怒涛の家事チャレンジをしていきます。

ブームになった家事テクはほとんど網羅したのではないかと思うほどいろいろな方法を試されていますが、ことごとく失敗。

手間だったり、コストだったり、と失敗の理由は様々ですが、赤裸々に描かれた失敗歴は共感をよびます。

そんなマルサイさんが数々の家事テク遍歴を経て、今現在自分が無理なく続けられるテクニックを紹介してます。

 

内容は5つの分野に分けられて紹介されており、それぞれの章のはじめにマンガがついていて、楽しく読めます。

①料理
②整理・収納
③掃除
④洗濯
⑤育児

 

インターネットにあげられる方々を見ると、『丁寧な暮らし』、『シンプルな暮らし』をされているどこにも突っ込みどころがない素敵なものばかりで、「それに比べ自分は…」と落ち込みたくもなりますが、マルサイさんの本を読むと、こんな自分でもいいんじゃないかと癒される(許される)気がします。

とは言っても、私からするとマルサイさんの暮らしは十分オシャレで素敵です…。

特徴② ほっこり和むイラスト&マンガ

家事テクニックの紹介もさることながら、マンガとして読んでも面白いのがこの本の特徴です。

ほのぼの系のイラストで描かれる日常の風景にくすりと笑えます。

マルサイさんは猫も飼っているようで、ちょこっとだけ登場する猫のイラストがとても可愛いのです。

特徴③ 面倒くさがりを肯定

 

どっちがより面倒くさくないか

私の面倒臭がりはもはや武器である

本のなかに登場する、この2つの名言に私はしびれました。

面倒くさいのは仕方ない。しかし、どうやってその面倒くささと折り合いをつけていくのかが大事。
面倒くさがりということさえも、自分の能力として生かそうというその潔さが素晴らしいです。
面倒くさがり仲間として、見習いたい精神です。

まとめ

本に紹介されているテクニックも、万人に合うものではないと思います。
私も読みながら、「これは良さそう!」と思うテクニックもあれば、「これはうちには無理だな」と思うテクニックがありました。
でも、きっとこの本を読むと「家事は自分のやり方で良いんだよ」、「みんな大変だよね、一緒に頑張ろう」とマルサイさんから励まされているようで、気持ちが楽になれると思います。
一生懸命家事に取り組んで少しお疲れ気味の人におススメしたい一冊です。
読んだ後は、あまりにもマルサイさんが他人とは思えないほど親近感が湧いて、「猫がいても面倒くさいを乗り越える暮らし」というテーマかなにかで、マルサイさんとお話しする機会がいつかあれば楽しそうだなぁなんて、妄想とともに本を読み終えました。

追記

マルサイさんは体のバイオリズムを尊重して過ごされているそうで、低迷期の過ごし方として『ずんだれるのを許す』というフレーズがあったのですが、はじめて聞いた言葉なので調べてみました。

 

ずんだれる

意味 ・だらしがない様子
・ずれて垂れさがっている様

・「ずん」は「垂れる」を強調している

・山口以南、九州一円で使われている

 

つまり、『ずんだれるのを許す』ということは、多少だらしがなくっても、家事を手抜きをしてもOKということですね。

勉強になります。

おすすめのコラム